パクパク日記7年12月3週

               風邪引きのまま今年最後の京都でクリスマス

 

        冬至  クリスマス

 

12月 18日(月)晴れ  東京最低気温初の零下0,2度!

朝 家食 「ポレポレファーム」のソーセージとたっぷり野菜のポトフ、「ポレポレファーム」のポ

ークハムとキュウリ・キャベツのサラダ、茹で卵、低糖パン、りんご、ヨーグルト

 

  

 

昼 家食「7−11」のチャンポン風スープ、梅昆布おにぎり、お茶

 

  

 

昨夜は苦しい一夜だった。風邪を引いたような気がして早めにベッドに入ったのだが、時が経つに

つれコホコホ咳がゴホンゴホン咳に変わり、眠っていられない程になった。完全な風邪引きさんや

ね。ガッカリだ。こんな夜を過ごした朝はムチャ寒い。都心でも今冬最低の零下だったそうだ。運

が良いことに今日は胸部CT検査を受けに病院に行く日だ。主治医にも会うから風邪の診察もして

貰おうっと。胸部CT検査は9月の人間ドックで胸部に小さな陰があり再検査になったものだ。父

は肺癌だったからもしかしてと心配だったが結果はOK、しかも風邪による肺炎も無かった。どう

せ風邪引くならこうゆうタイミングで!っていう見本のようじゃ。たくさん薬を貰い、外食の予定

を取りやめてコンビニでおにぎりや弁当を買って帰宅。今夜は大S子さんと一緒に銀座のシャネル

ビルで開催されるコンサートに行く予定だったが、こんな咳婆は行ってはならない。残念だがお断

りした。咳と熱とだるさ。昨夜あまり寝ていないこともあって、夕刻までうつらうつらと眠った。

 家食「7−11」の和風幕の内弁当、根菜類のけんちん汁、りんご、お茶

 

   ご飯は2俵だけね

 

夜になると熱は37度8分になった。今年6月だったか原因不明の高熱に魘されたことがあった。

この年で39度前後の熱が数日続いて生きた心地がしなかったが、それに比べればだいぶ楽だが

それでもシンドイ。コンビニ弁当夕食は10分あまりで終了。食後は一気に観るのがもったい無

くて録画しておいたドラマ「カルテット」の6話を観た。巻真紀(松たか子)巻幹生(宮藤官九

郎)の夫婦が、イヤ夫が結婚後2年間で妻を「愛しているけど好きでは無い」状態になっていく

生活の積み重ねを丁寧に描いていた。脚本は「東京ラブストーリー」が代表作の坂元裕二。その

作品にこれまた人気脚本家のクドカンが役者として出演していい味出していた。無酒日4日連続。

              _____________

 

12月 19日(火)東京も京都も晴れ   上野動物園シャンシャン公開始まる

 家食 メンチカツ、「ポレポレファーム」のソーセージとたっぷり野菜のポトフ、「ポレポレ

ファーム」のポークハムとキュウリ・キャベツのサラダ、茹で卵、低糖パン、ヨーグルト

 

 

昼 四谷三丁目「アンテンドー」サンドイッチ、ミニサラダ、スープ、アイスコーヒー 計830

 

「ママー、イヤだよー!どこ連れて行くのぉー!」と公開初日のシャンシャン       富士山の美しいお姿

 

昨日行く予定だっだが風邪で寝込んだため取りやめた郵便局と銀行に行く。精肉店の裏という超ユ

ニークな場所にある郵便局はいつ行っても押すな押すなの大混雑。どなたかがドジしたため作り直

した書類に署名捺印して送り返す書留を出す。次は銀行だ。私が社長なのに創業以来何の仕事もし

ていない会社の税金を納めに行く。何の仕事もしていないなら止めたらいいのにねぇ。今年になっ

てからそれはより顕著になったように思うが、銀行の窓口が空き空き。順番待ちのカードを引いて

伝票に記入している途中でたいがい番号を呼ばれてしまう。以前なら延々とベンチに座って待った

ものだったのにね。理由は、ATMで大半の用事が済むこと、ネットバンキングをやる人が増えて

来店する人が減ったとか・・かな。朝無理やりたくさん食べたので昼はお腹が空かない。「アンテン

ドー」でサンドイッチの具だけ食べパンは残す。ここパン屋なのに大胆な仕業だよね。昨日よりは

ずっと楽になったが、未だ熱はあるし咳もかなり出る。今日からの京都どうしよう、と大いに迷う。

夜 京都家食 「崎陽軒」シウマイ弁当、茅乃舎のきのこ味噌汁

 

  

  

         ピカピカ☆☆☆ ピカピカ☆☆☆ ピカピカ☆☆☆ ピカピカ☆☆☆ ピカピカ☆☆☆

 

大いに迷ったものの、午後3時の新幹線に乗った。グリーン車備え付けの毛布とコートを被って冷

えないように用心して座っていた。京都の家に着いても買い物に行ったり、食事を作ったりするの

は風邪引きのカラダに負担があるので、東京駅で「崎陽軒」のシウマイ弁当を買って来た。京都の

家は先日A先生夫妻が念入りに大掃除をしてくれたから、どこもそこもピッカピカ。使うのがもっ

たいないよ。その上ピカピカと光るツリーのクリスマスプレゼントが用意されていて感謝!感激!

午後10時からNHK「LIFE」を観ようかTBS「塀の中のお姫様」最終回を観るか悩む。そ

の時お姫様の前回分を観ていないことに気づき、「LIFE」に決定。暖めた寝室のテレビで観て

いたのだが、あまりにおかしくて笑い過ぎ、その夜眠れなくなって困った。もう5日連続の無酒日

_____________

 

12月 20日(水)京都は晴れ

朝 京都家食 「賛否両論」のきんぴらカツサンド、オニオンスープ、「高野」のマンゴープリン

 

  

 

昼 京都東洞院三条下ル「三条尾張屋」鶏カレー蕎麦850円

 

  

   冬至は22日の金曜日だよ〜

 

寝不足のまま朝を迎える。前回時間をかけてようやく修理を終えた寝室のエアコン。昨夜は眠れな

いまま暖房バージョンのテスト運転をしていた。小一時間いろいろやってみてようやく順調に動き

出した。昨日で無酒日は5日連続となった。医者に指示されたワケでも無いのにこんなに続けて飲

まないのは極めて珍しいことだ。こう飲んでいないと、お酒って何ですかぁ、って感じだよ。でも

ないか(笑)。ランチは「三条尾張屋」の鶏カレー蕎麦を食べた。う〜ん、やっぱりカレーはうどん

だな。帰りに「八百一本館」で食料品の買い出し。入り口にカボチャと柚子という冬至野菜が並ぶ。

夜 京都・東洞院丸太町下ル「Bini」1万2920円のお任せコース(手作りグリッシーニ、

黒米のおかきに乗せた茸とオリーブ、八幡平サーモンのスモークにディルとホースラディッシ

ュの泡を添えて、雲子に蕪のクリームとポルチーニ茸のスープをかけて、琵琶湖の鰻と大原の

ビーツにトリュフ、フォアグラを練り込んだ帆立の燻製林檎のビター、アオハタトランペット

茸のソース、美作の鹿ローストザワ―クラフトと堀川牛蒡添え、卵黄25個を練り込んだタヤ

リン(タリオリーニ)とせこ蟹、酒粕のエスプーマをのせた洋梨、金柑・リコリス・カカオ、

カモミール茶、ピッコラ・パスティチェリア、焼きたて極小フィナンシェ)、アサヒ熟撰ビール

650円、イタリア赤ワイン2014 14400円  @2万7970円

 

  

 最後は見えない程極小のフィナンシェ

 

今夜予約したのは、今年御所南に開店したイタリアン。「クッチーナ東洞」の松原シェフに紹介され

たから愉しみであるが、6日ぶりの酒で酔うのではと不安な気持ちもあって訪問した。「Bini」

は広島出身のオーナーシェフ中本敬介氏と、ソムリエを務める奥様のお店で以前は銀閣寺近くにあっ

たが、今年9月に現在の場所に移転された由。イタリアに4年半、スイスに8年計12年半もヨーロ

ッパで働いて来られた中本氏の奥深い知識と経験に充ち満ちたコースが展開された。少量多皿が基本

で何から何まで手作り。次はどんな料理が出てくるかと、素材だけが記されたメニューを見ながら待

てば、必ず驚きがあるのが素晴らしい。久々のアルコールが心配、なんて言いながらビールを飲んだ

後、赤ワインボトルを開けて貰っている私がいる。この店は「スペシャル」な時にまた来たい店だな。

_____________

 

12月 21日(木)京都は晴れ

朝 家食 セロリのきんぴら、卵焼き、ヒキワリ葱納豆、大根と豆腐の味噌汁、ご飯、ヨーグルト

 

  

 私には珍しい和食の家食朝ご飯

 

昼 京都駅ポルタ「スープストックTOKYOカレーセット960円(オマール海老と赤いフリカッセ

480円、生姜の和風スープ、ライス、アイスコーヒー+200円)計1640

 

  

    今日は「東寺終い弘法」だ        高いのに全然旨くないオマール海老と赤いフリカッセ 

 京都中央郵便局に行ったのだが・・

 

昨夜咳は随分減った分、トイレに何度も起きたからやはり眠りは浅かった。「質の良い眠り」は私

にとって夢のまた夢である。今日の朝ご飯はチョー珍しい和食にしようと思う。味噌汁を作って、

卵焼きも焼いた。家族がいれば、毎朝毎朝こんな食事の支度を人数分していたのだろうねぇ。何十

年間もだよ。ここだけの話だが「結婚しなくて良かった」というのが本音でして。味?それなりで。

昨夜作ったパクパク日記12月2週をアップし、洗濯してから京都中央郵便局へ。来月使用予定の

シール切手を買いに行ったのだが、絵柄が3種しかなく、どれもデザインセンスが好みではない。

こんなの600枚も買うのはイヤじゃ!ってことでせっかくタクって行ったが諦めた。ランチは量が

少なくて早く済めば何でも良かった。「スープストック」でうっかりオマール海老と赤いフリカッ

セを選んだら+480円で味はイマ3なのであった。少なくして貰ったライスも半分以上残したぞ!

夜 京都・竹屋町通室町東入ル「実伶」先付け:車海老と豆苗干し柿の胡麻和え、和栗のすり流し、

  芹おひたし、炙り煮穴子、紋甲烏賊とサヨリのお造り(小)、実伶風ポテトサラダ(小)、虎ふ

ぐ白子の塩焼きポン酢で、牡蠣フライ(5個)、丸唐麺(スッポンラーメン)、生ビール700円、

麦焼酎「中々」900円ダブル3杯 @19500

 

 

京都中央郵便局、「スープストック」の後伊勢丹に行く。リビング用品売り場で欲しかったものを

探すも見つからない。どうも気に入ったものが無くて。このまま手ぶらで帰るのも寂し過ぎるので

3階の婦人服売り場へ。バーゲンをやっていた1軒であれこれ・・・。夜は、これまた初めての店、

「実伶」に行った。以前よく泊っていた御所近くのホテルから歩けば2,3分の距離にある。でも

昨年の5月開店したそうだから、もうあのホテルは無くなっていたわけだ。「祇園岡田」などで修行

された34歳の中尾雄三氏が2番手の押川さんと奥様の純恵さんと3人で開店したのが、今では男性

が2名増えて5名体制になっていた。それだけ、この店がすぐに繁盛店になったということだろう。

コースもあるが、今日は美しい文字で書かれたお品書きをしげしげ見ながらのアラカルト。甘くて

冷たい和栗のすり流しを飲む。炙り穴子を実山椒と共に海苔で巻いて食べるのが珍しいが京都では

よくやるそうだ。いろいろ食べたいから「少なめ」があるのが嬉しい。お造りも実伶風のポテサラ

も少なめとしたが、もっと食べたかったなぁ(笑)。アッチチの焼き白子も牡蠣フライも旨いなぁ。

8席のカウンターと奥に4〜6席の個室。悩んだ末、〆は丸唐麺。スッポンラーメンよ。再訪必至。

_____________

 

12月 22日(金)京都は晴れ 今日は冬至

朝 家食 小松菜と油揚げの煮物、生姜と野菜天、大根と豆腐の味噌雑炊、ヨーグルト

 

  

 

昼 家食 牛蒡のかき揚げを乗せた糖質0麺うどん、りんご

 

  

 

元々雑炊が大好きなのだが、冬の寒い朝食べると旨さは格別である。こうして食べたいから味噌汁

を作る時は雑炊分を見込んでたっぷり作る。出来たての雑炊に必須の「鍵屋」の柚子胡椒と黒七味

をかけて食べるとたまらん旨さである。ご馳走様、明日また食べるからね。珍しくヤマト運輸が午

10時半に荷物を届けに来た。「午前中指定」にすると、たいていイライラしながら昼頃まで待た

されるのだが、今日は感心じゃないか。昨日伊勢丹のバーゲンやっていた店で買った洋服だった。

今日はどうも具合がすっきりしないので外出は控えて家食にすることにしよ。牛蒡かき揚げ旨し!

夜 家食 (レトルト)夢子カレー、茹で卵、ひきわり納豆、アボガドとトマトサラダ、大根と柚

子の酢の物、紅生姜、大根と茸豆腐の味噌汁、りんご

 

  

   冬至に柚子湯に浸かるカピバラ、薪火を囲む猿(NHKニュースより)  今夜もお世話になります、レトルト夢子カレー

 いつ食べても夢子カレーは旨い!

 

今日は結局一度も外出しなかった。イヤ午後4時頃支度をして外には出たのだが、10歩も歩いた

ところで「ぅぅ・・やっぱりムリだぁ」と考え直して家に戻った、なんてこともあった。まぁ心配

する程のことも無いのだけれど、寒い時はムリしない方がいいしね。夜は夢子カレー(レトルト)

だよん。いつでもこのカレーを食べることが出来るのもA先生夫妻のお陰です!ごっつぁんです!

夜中村勘九郎一家を中心とした中村座一座の300日を追ったドキュメント番組を観た。勘太郎、長

三郎の幼い兄弟の姿にはつい笑みがこぼれる。全国8ヶ所の芝居小屋での地方公演の様子も紹介さ

れた。そのうち香川県琴平町の旧金比羅大芝居「金丸座」、熊本県山鹿市「八千代座」、愛媛県内子

町「内子座」なら私も行ったことがあって懐かしく観る。この公演で「棒しばり」の曽根松兵衛役

に大抜擢され出演された最古参の中村小三郎さんが長い公演の打ち上げで「長い間やって来て奇跡

のようなことが起こった。勘九郎さん、七之助さん、それに鶴松さんと一緒に舞台に上がったんで

すよ、この私が」と挨拶し感極まっていた。94歳で亡くなった小山三さんと一緒に暮らした68歳。

一般家庭から部屋子になった若い鶴松の2人を地方公演のメンバーにした人選が憎いよね。これも

5年前に惜しまれて亡くなった父の十八代勘三郎の教えに違い無い。戻って来て欲しいぞ!無酒日

_____________

 

12月 23日(土・祝日)京都は晴れ  天皇誕生日 天皇陛下84歳 

朝 家食 アボガドとトマトサラダ、大根と柚子の酢の物、大根と茸豆腐の味噌雑炊、りんご、

ヨーグルト

 

  

 

昼 京都・六角通高倉東入ル「キッチンゴン」カレー煮込みハンバーグライス980円、アイスコー

ヒー160

   結構残しました

 

早めに起きる。朝食の支度をして食べる。食器を洗ってから台所の掃除をする。ゴミの始末をする。

浴室と洗面所を温めてからシャワーを浴びる。枕カバーやバスタオル、パジャマなどここ数日で使用

したものをすべて洗う。今日からホテル2泊する荷物の準備をする。パクパクをちょっと作る。今回

は4泊と滞在期間が短かったから何だか物足りない。ランチは「キッチンゴン」でハンバーグにした。

午後のおやつ 京都・六角通高倉東入ル「栖園」琥珀流し(黒豆と黒蜜)660

 

  

  

  以前1月〜3月琥珀流しはお休みだった        4月(桜花)           5月(抹茶)

  

       6月(梅酒)              7月(ペパーミント)          9月(ぶどう)

  

      10月(栗)                11月(柿)           12月(黒糖)

 

甘いものが苦手という私には珍しく、京都大極殿「栖園」の琥珀流しには目が無い。もう長いこ

と京都にくれば立ち寄って月替わりの蜜の琥珀流しを楽しんでいた。京都に住むなら琥珀流しを

毎月食べてやろう、すぐ近所だし。8月はとてもでは無いが暑い京都には近づかなかったが、そ

れ以外の季節は4月から全部揃った。年末記念に8枚の写真を並べてみた。琥珀流しは美しいな!

夜 京都・蹴上・ウェステイン都ホテル京都「四川」虎目石(タイガーズアイ)コース1万4千

円(前菜6種盛り合わせ、フカヒレの姿煮、大海老と貝柱と黄ニラのXО醤炒め、鮑の香港

蒸し、和牛の山椒唐辛子煮込み、(麻婆豆腐と白飯+600円)、デザート(マンゴープリンと

タピオカ入りココナツミルク)、キリン生ブラウマイスター1100円、麦焼酎「佐藤」ボトル

8300円  @2万4千円

 

  

            今日から2泊蹴上にあるウェステイン都ホテル京都のお泊りだよ

 

夕刻蹴上にあるウェステイン都ホテル京都にチェックインした。最初に案内された部屋は東館の

遠〜〜い部屋で、着いた頃には息が上がってハァハァ。「もっと近い部屋が空いているか探しま

しょうか」と案内のお兄さん。「そうしておくれ、頼むわ」。ということで本館の半分位の距離の

部屋に代えて貰った。石垣島の2つのホテルでもそうだったから、これから予約する時は近さを

必須にするべきだな。夕食は中国料理の「四川」。もしかして2人になるかも、なんてこともあ

ったのだが、結局1人中華となった。4種あるコース料理はいずれも「2人様より」とあって、

「ふん!」と思っていたのだが、有能そうな女性スタッフ「お一人様のご利用も可能ですので

ご遠慮なくお申しつけ下さい」だってさ。アラカルトも良いが1人だと種類を食べられないか

らコースにしよう。ただ虎目石コースの食事はチャーシュー入り玉子麺の煮込み。ツマラン!

やっぱり四川なら麻婆豆腐でしょ(っていつもあなたはそう言っている!)ということで別料

金支払って(600円だけど)変更して貰った。この麻婆豆腐、うんと辛くね!と注文するのを

忘れたのが残念。和牛の山椒唐辛子煮込みは旨かった。大きなマンゴープリンにビックリだぁ!

_____________

 

12月 24日(日)京都は晴れたり曇ったり 夜から雨

朝 京都・蹴上・ウェステイン都ホテル京都・カフェレストラン「アクアブルー」朝食ヴュッフ

2970

 

  

 

昼 ウェステイン都ホテル京都「四川」 四川担々麺(ハーフサイズ)1240円、小籠包350円×

  2、春巻300円×2、黒烏龍茶900円、プーアール茶1240円 計4680

 

  

     今年最後のG1レース有馬記念   レースは終始一番人気キタサンブラックが先行

  キタサンブラック、1馬身半のリードで見事1着で現役最後のレースを終えた。鞍上は名手・武豊

     G1レース7勝はJRA史上最多タイ記録 通算獲得賞金187684万円  馬主は北島三郎氏が代表の会社

 

昨日は天皇誕生日、今日はクリスマスイブ。京都では全国高校駅伝が行われるし、キタサンブラッ

ク現役最後に出走する有馬記念もある。ついでに言えば夜は「陸王」の最終回もあるな。うん、盛

りだくさんだ。朝食は「アクアブルー」でヴュッフェ。和食コーナーに「とようけ屋」の湯豆腐が

あったが、他はそれほど特筆すべきものは無いか。午前中は広いホテル内をウロウロ散歩して過ご

し、ランチは昨夜も行った「四川」で担々麺のハーフサイズ。量が少な過ぎるかもと小籠包と春巻

を追加したら春巻が存外大きかった。高校駅伝男子は3区で昨年の優勝校倉敷にリードを奪われた

佐久長聖が6区で巻き返し9年ぶりに優勝。信州で育った人間としてはチト嬉しい。午前中行われ

た女子は仙台育英が勝った。さぁ、次は有馬記念だ。今日がラストランのキタサンブラックがぶっ

ちぎりの1番人気。鞍上は数々の記録を打ち立てている名手・武豊だ。馬番は絶好の1枠2番だ!

ライバルは14番スワーヴリチャード、10番シュヴァルグランなど。シュヴァルグランの馬主は

大魔人こと佐々木主浩だ。13番のミッキークィーンはアメフトチームがお世話になっている野田

みづきさんの持ち馬だ。ここから話を急ごう。レースはスタート直後先頭に立ったキタサンブラッ

クが先行し、そのまま直線を逃げ切って2着のクィーンズリングに1馬身半の差をつけて優勝した。

まさに千両役者!私はただただ無事走り切れよ!と願っていたが、堂々たる走りっぷりにカンドー!

午後のお茶 ウェステイン都ホテル京都・ティールーム「メイフェア」コーヒー1100

 ウェステイン都ホテル京都・鉄板焼き「くぬぎ」伏見コース1万3千円(北寄貝のサラダ、自

家製ソーセージ、グリーンサラダ、神戸牛サーロイン100g+6千円、ガーリックチップ、ガ

ーリックライス、デザート)、生ビール1100円×2杯、麦焼酎「佐藤」ボトル @22600

 

  

 

ここ数日顔が痒い。目の周りとか額と頬の上の方だけ。ゴシゴシ掻いていたら目の上が赤く腫れて

いた。何だべ、これ!お腹の調子もあまり良くない。そしてそして私としたことが食欲が無いのだ。

代わりに風邪はかなりよくなったが、何日も食べたくない、なんて異常だよなぁ。だいたいが空腹

にならないのだよ。煙草を止めた十年前、蕎麦屋「砂場」で大盛り天ぷら蕎麦を食べて会計を済ま

せて店を出る手前で「ぐぅ〜〜!」とお腹が鳴った恥ずかしい体験を懐かしく思う程お腹が空かな

いのだよ。まぁ一時的なものだとは思うけどね。そんな私が今夜予約しているのは鉄板焼きである。

肉の前に伊勢海老だの鮑だのが付くのはTOOMUCH!肉だけの伏見コースで和牛を神戸牛に変

更して貰った。脂を取ると80gくらいをやっと食べた。食後は「陸王」最終回というイブだった。

               ______________

【今年の振り返り@】

毎年同じようなことを言っているような気がするが、今年もアッという間に過ぎて行った。あと

何年この世にいるのかわからないが、一年がこんな按配で過ぎて行くとしたら、残りの人生だっ

て「アッ×○年」ってことになるのだなぁ。そりゃエラク短いなぁ(笑)。ま、そんな与太を言っ

ていても仕方ないので、今週と来週と2週間かけて、今年をちょいと振り返ってみようか。

 

あっ、その前に有馬記念のことズラズラと書いたが、首差で3着になったシュヴァルグランの馬

主である元プロ野球選手の佐々木主浩。私はこの人に6年前飛行機の中で通路を隔てて隣の席に

座ったことがある。ボラボラ島の帰りにタヒチ島のパペーテから乘ったエアタヒチのビジネスク

ラスだった。息苦しいというか何となく圧迫感を感じて隣席を見ると彼だった。身長190pらし

いが、ムチャカラダが大きくて窓側に座った夫人の榎本加奈子が幼い少女のように見えた。一番

驚いたのは、彼が座席に座ったまま、ヒョイと右腕を挙げると座席上のキャビネットを開けてモ

ノを取り出したのだ。座ったままで、ですよ。私なぞ立っても手が届かなくて四苦八苦するとい

うのに。はぁ〜、日本人でもこんなに腕が長い人がいるんだぁとシミジミ驚いた「ハマの大魔神」

事件(特に事件はありません)であった。ついでに言えば、10年前の中東の旅の帰り、エミレ

ーツ航空のビジネスクラスでやはり通路を隔てた隣の席に座ったのは、当時「のだめ」で大人気

の上野樹里ちゃんだった!この時はコ―フンした。

 

お気づきかもしれないが、今年私は海外旅行を激減させた。来週最後の旅行に行くので回数だけ

言えば8回だが、1月から3月までの3ヶ月間で6回行っているので、その後の9ヶ月間で海外

に出かけたのはたったの2回きりである。ナゼなんだ?仕事をほぼ辞めてから、この十年以上毎

年12回とか15回とか、一番多い時は18回とか海外に出かけて来た。「シンドイ旅は若いう

ちに」がモットーだったから「秘境」と呼ばれる旅先を優先した。欧米など先進的な国は後回し

にして、中東、アフリカ、アジア、中南米、南極などに意気揚々と出かけた。酷く蒸し暑かった

り、とんでもない寒冷地だったり、高山病の恐れのある高地だったり、舌を噛みそうな超荒地を

4駆やジープで長距離移動したり、飲料水はあってもお湯が一切出ない国などにもたくさん行っ

た。そんなことを続けていたら、とうとう訪問した国も154ヵ国にもなってしまったのだよ。

国連加盟国は193ヵ国だから、残りは39ヵ国。もっとも全制覇をしようなんて気持ちはサラ

サラないけどね。従って海外の行き先も「初めての国」から「気に入った国」に変更し、やがて

は「どこに行く」のではなく「何をしに行く」になった。音楽を聴きに行く、美術品を観に行く、

憧れのホテルに泊まる、あのレストランで食事をしに行く・・・そのためにどこに行くという具

合だ。若い頃は一度の旅でいろんなところに行きたかったから、周遊型のツァーを好んで選択し

ていた。しかし、膝を痛めて長い歩行がムリになってからは滞在型の旅を選ぶようになった。そ

んな風に旅の内容はガラリと変わったが、海外・国内併せて年間旅日数230日前後ということに

変化は無い。年間の3分の2は旅空。このままこんな生活していたら終活も出来ないじゃないか。

それで良いのか?ちっとは腰を落ち着けた生活したらどうなん。うんそうだわなぁ、じゃぁとい

うわけで、今年4月からそうゆう生活になったんじゃ。

 

しかしそのためには大きな障害があった。私は「病気」だったのである。それもかなり重症の。

病名ですか?う〜〜ん、何と表現したらいいか・・敢えて言うなら「手帖ブランク許せない症候

群」かなぁ。私は長いこと見開きで2ヶ月間見られる形式の手帖を愛用している。これなら6見

開きで1年分がパッとわかるから誠に使いやすいのだ。難点は1日のスペースが小さい(という

か細い)からとても小さな文字で予定を書かねばならないこと。しかしすぐ馴れる。旅に出る期

間は全体を罫で囲む。こうすれば2ヵ月で何回旅に出かけるか一目瞭然となる。私はそんな手帖

にブランク(空き)があると許せない気持ちになる。「ここに8日間位の海外なら行けるんじゃな

いか」とか「2泊3日の国内を入れるとすると行き先は」と考え出し、予約に向けてツァー探しや

ホテル&フライト確保に全精力を傾けるのだ。頭では「そんなにギッシリ予定を詰め込まなくて

もたまには自宅でボーっとしていたらどうか」と思わないことも無い。しかし私は病気なのだよ、

「手帖ブランク許せない症候群」という。

 

考えた。この病気を死ぬまで引き摺るなら一生私は旅をしていなくてはならない。でも、年中あ

ちこちウロウロし続けて、かなり疲れも出て来た。行きたい国も場所もほとんど無くなって来た。

あろうことか、旅に出かける前のトキメキが無くなってしまった。それでも病気だから、探して

予約して出かける自分。バーカ。ならば、手帖を予め半分位埋めてしまえば良いのじゃないの?

例えば好きな街に半分住んでしまうとか・・・京都だ!京都に家があれば、夏を除けば一年の半

分は滞在するだろうな。1ヶ月の残りは半分になるから、国内旅に1、2度行けば海外に行く日

数は無くなるぞ。グッドアイデアではないか。ま、こんなことで1月ウィーン、パリ、香港、2

月タイ、ブダペスト、3月コルシカ島とパリと6回の海外の後、4月から「半分だけどすけど京

都人になってましてん」。不思議なことに京都に滞在している時は寺社仏閣などには全くと言っ

ていいほど行かない。観光客ではないので観光しない。というか住むようになったら「観光心」

は見事に消えた。そして家事などに勤しんで妙に落ち着いた日々を過ごしているのだ。それでも

つい予約を入れてしまい、3度もキャンセルして旅行会社にご迷惑をかけた。スンマセン。これ

は例の病気のヨスガだね、きっと。でも病気克服に京都は救いの神であった。来年は京都を起点

として西日本の小旅行に行ってみっか、などと考えている。

 

               毎日ボーっとするって幸せだニャア

 

            バックナンバーのトップ    夢子倶楽部トップ

  今年最後の更新です。12月4週は来年になってからね。

どなたさまも良いお年をお迎え下さい。