パクパク日記17年2月1週

            2回目の膝治療をしてから暑いタイに旅立った

 

ドイ・ステープ寺院  タイは蘭の栽培が盛ん

 

1月 30日(月)晴れ 春並のポッカポカ 夕方から北風が・・

朝 家食 玉ねぎ天とジャコ天入りのうどん、緑黄野菜サラダ、ヨーグルト

 

  

 

昼 四谷三丁目「梵」店長お勧めBセット(梵ハンバーグ、ソーセージ、チキンソティ、サラダ、ス

ープ付き)900

 

   平梵な味のランチ

 

先週の寒さは何だったんだ〜!と叫びたいくらい今日は暖かい。18度予想だったが、20度超えてい

るんでないかい。こんなポカポカしていても夕方から急激に気温は下がるのだそうで。ランチ場所を

思い悩み、何となく「サイゼリア」方面に歩いて行ったら「改修中 21日オープン」の貼り紙が

あった。あっちもこっちも改修するんだねぇ、最近は。ここまで来て引き返すのも癪なのでそのまま

歩いて初めての店に入る。「梵」。ABCのランチはどれを選んでもワンプレートで出て来るのだった。

ワンプレートって昔から何となく淋しくて好きではない。味も平梵(平凡です、正しくは)だった。

午後のお茶 四谷三丁目「ドトール」コーヒー220

夜 荒木町「松庵」3人で)1万3千円のお任せコース(鱈の白子と卵と花山葵、ミル貝と赤貝ジュ

レがけ、焼き天然とらふぐと飯蒸し、伊勢海老と菜の花の吸い物、大間のまぐろ長芋と海苔添え、

柳鰈の焼き物、伊勢海老生ウニ焼きふきのとうのせ、和牛と九条ネギの蕪蒸し、三陸アワビの

肝和え、厚岸牡蠣の南蛮蕎麦、金柑(生と蜜煮)と白ワインゼリー、ジャージー牛シャーベット

と苺)、生ビール2杯、麦焼酎ボトル  3人で6430

 

やあ

 1週間ぶりのアルコールガンガン進む!

 

夕方には税理士先生が来宅予定、明後日はA先生が新しいパソコンのセッティングに来てくれるとい

うことが頭にあったのか、突然掃除を始めた。私としては、極めて珍しいことだ。長いこと掃除機が

壊れていたから出来なかったのよって言っていたが、掃除機が3台あることは忘れたことにしていた。

掃除と言ってもやっていたのは7,8分位ですぜ。へへ。5時からK村税理士先生来宅。既に昨年の

確定申告の準備はしてある。17日には必要書類を全部揃えたもんねー。「確定申告一番でしょ?」

「いえ、気の早い某社社長は14日に書類を送って来られました」。チェッ、負けたよ。715

前に家を出ると強い北風。昼間のあの温かさはどこに行った!数時間で真冬に逆戻りしたのだった。

今夜は待ちに待った「ピロリ菌退治」明け!そのメデタイ宴席にK岩とオジョーが付き合ってくれる。

「松庵」では1番客だった。「香港ではどうもどうも」。1週間ぶりの生ビールが喉を通過し、食道を

落ちて行く。ちょっとチリチリする。快感である。久々のアルコールで悪酔いするかという危惧もど

こへやら、5分後にはフツーにグビグビ飲んじょりました。焼き天然とらふぐと飯蒸しの旨さに震え、

三陸アワビの肝和えに唸り、〆の厚岸牡蠣の南蛮蕎麦でノックアウト。デザートも2種でサイコー!

              ____________

 

1月 31日(火)晴れ 寒さ逆戻り

朝 家食 玉ねぎ天とジャコ天入りのうどん、コールスローサラダ、ヨーグルト

 

   うどん半分残す

 

トランプ米大統領が就任する前は「嵐の前の静けさ」ならぬ「嵐の前の大嵐」だった。就任後は「嵐

の後のハリケーン」。ハリケーンも風速50b以上のスーパーハリケーンだ。矢継ぎ早に大統領令を発

令して、その度にアメリカも世界も大騒ぎさ。「TPP永久離脱」なんて序の口で、今週は中東・北ア

フリカ7カ国の市民の入国を90日間制限する大統領令を発布。多国籍の従業員を抱える巨大企業など

は激しく反発し、世界のあちこちで抗議のデモや集会が開かれた。理解し難い1人の暴君によって世

界中が右往左往するこの状況。どう収束するのか、それとも収束しないのか。今日もうどん半分残す。

昼 四谷三丁目「新記」シンガポール風牛バラ肉カレースープ麺セット(ご飯、杏仁豆腐付き)850

円+香港麺50

 

 

散歩+買い物+ランチ外出。と言っても四谷三丁目交差点周辺をぐるっと歩くだけだけど。以前「香

港飯店」はあった店は数年前から「新記」に変わった。2階なので避けていたのだが、エレベータを

発見して行ってみた。シンガポール風牛バラ肉カレースープ麺なんてあるじゃないか。コシの強い極

細麺の香港麺だと+50円ですって。それにしよう。パリの「金太郎」でパリ麺を日本麺に変更すると

+1€と似ているね。このカレースープ麺、どこかで食べた味に似ている・・どこだ・・思い出した!

銀座「レモングラス」というタイ料理屋があったが、そこで昼のみ提供されるタイ風カレーラーメン

の味に似ているのだ。「レモングラス」は残念ながら今は無くなってしまったが、大盛りを注文すると

大きな洗面器大の器で運ばれて来たっけ。ここに来ればアノ味が再現できる。よしまた食べに来よう。

夜 荒木町「鈴なり」5人の会・新年会)コース(揚げアイナメの大豆と蜆のスープ、八寸:穴子鮨・

子持ちイカ・天豆・もろきゅう・白バイ貝・岩もずくと花山葵とツブ貝・ウルメ鰯・数の子・菜

の花と鶏肉、生ウニの玉地蒸し、お造り:ブリ・鮪・平目・スミイカ、筍とふきのとうの天ぷら、

丸大根のスープ煮、筍姫皮と京人参とウルイの炊き込みご飯、赤出汁、漬物、(和歌山)三方柑の

ゼリー)、生ビール2杯、麦焼酎 5人で56290円 @11500円(酒飲み派)

 

 

今夜は「五人の会」の新年会。大昔からやっている「四人の会」にI親ビンが加わって「五人の会」

になってからも既に20年近く経っているから相当な年数やっている会だ。ずっとクワちゃんが幹事を

務めてくれており、会場はたいがい荒木町「鈴なり」だったのだが、その「鈴なり」が大人気のため

予約が取れない店としても有名になってしまった。ためにここ2年は違う店で開催していたが、久々

に「鈴なり」の予約が取れた!とクワちゃんから嬉しい連絡があった。もう40年近く経つが、私が

一年だけ営業課長をやっていた時営業部員だったМもっちゃん、クワちゃん、クマちゃん。クマちゃ

んは新入社員だった。その3人全員孫がいてお祖父ちゃんだ。それでもあの頃の関係にすぐ戻って。

              ____________

 

2月 1日(水)晴れ

朝 家食 おでん、納豆、ふすまパン、りんご、ヨーグルト

 

   朝からおでんもいいね!

 

昼 舟町「ファリファックス」パスタランチ(サラダ、茄子とベーコンのトマトソーススパゲティ)

スープ、パン、ドリンク(ワイン)ヴュッフェ980

 

  

 

新年になってもう1ヶ月が過ぎてしまった。一年こんな調子なのだろう。歌仙「つばめの子」の作品

集が納品になった。作ってくれた森林さん、お手数おかけしました。ありがとう!包みを開けてみる

と、何とも上品な色の表紙。浅黄色というのかしら。後刻森林から「あさぎは合っています。ただ文

字は浅黄ではなく浅葱です」と。ふーん、そうなんだぁ。午後1時過ぎ「ファリファックス」へラン

チに行く。オーダーが終わった頃入って来たのは1オバサングループ12人!エライ時に来てしまった

よ。自分もオバサン、オバーサンだが、これだけ揃うと煩さは凄まじい。ワインなんてグビグビだ。

夜 舟町「仙水」2人で)9千円のお任せコース(焼き白子、(昆布大根600円)、お造り:メジマ

グロ・平目・ヤリイカ、鰊と白子の塩焼き、牡蠣フライとふぐの唐揚げ、甘鯛の蒸し物、稲庭

うどん、福岡の紅ほっぺ苺)、生ビール2杯、麦焼酎ボトル 2人で35100

 

 

昼過ぎ大きな段ボール箱がいくつも届いた。中身はパソコンである。午後2時来宅してくれたA先生

が中身を取り出してセッティングに取り掛かる。書斎のデスクの上には既に3台のモニターが乗って

いるが、ちょっとずつ詰めて、更に2台並べる。合計5台になったよ。壮観だな。今使っているパソ

コンとオンラインで結び、今年4月下旬には某所にセッティングして貰う予定である。私はコーヒー

淹れたりした後邪魔になるだけなので、連句集の送付作業などしておとなしくしている。5時間後今日

はここまでにしましょう。はい、ありがとうございました。それでは食事に行きましょう。「仙水」に

行った。え?この店で男性のアシスタント?今週だけの研修生だそうだ。今夜のコース、美味しいね。

              ____________

 

2月 2日(木)晴れ 冷たい強風!

朝 家食 「鈴なり」の炊き込みご飯おにぎり、サラダ、トマトスープ、ヨーグルト

 

  

  自分の血液から血小板を抽出した粉末   PFC治療の注射を膝にブスっと    ウィスキーのWじゃないけど濃いヤツね

 

昼 銀座・東急プラザ「うなぎ徳」特上うな重(小鉢・漬物・肝吸い・アイスクリーム付き)

@4968円

 

  

   痛かった注射ガマンしたご褒美に特上うな重

 

午前中PFC治療を受けた。先月49CC採血された血液から血小板を抽出し粉末にしたものを液で溶

いて膝に注射するのだ。ほら、ヤンキースの田中マー君がやった治療法よ。効き目が強いだろうと

濃いヤツにして貰った。PFC治療は何度やっても良いらしい。これで膝がちょっとでも良くなりま

すように。その後45分間痛い痛いリハビリのマッサージやストレッチ。1時過ぎのランチは、「ひ

とりお疲れさま会」でうな重の特上を食べてしまった。でもこの店のタレって甘くてね、それが不

満だ。入った時には2人しか先客がいなかったのに、私が席に座って2分後から続々と客が入って

来た。4組で14人もね!年を取っても「客招き猫」フェロモン(?)健在らしい、ってホントか?

遅い夜 羽田空港国際線ターミナルローヤルパークホテル羽田「ティルウィンド」Aコース3800

鴨肉のスモークサラダ仕立て、オニオングラタンスープ、国産牛ロースのボイルマディラソー

ス+1200円、デザート、(茶)、ウーロン茶600

 

 

一旦帰宅し、パクパク日記13週を作成し終えてアップ。明日からタイ旅行なので今夜は羽田前泊

だ。スーツケースと手荷物を準備して、夜8時出発。タクシー初乗り410円となって割安感が漂って

いるが、安いのは短距離だけで実質は値上げということに世間は気付いていない。羽田まで新宿区か

ら定額で6800円だったのにいきなり7100円だよ!!2週間前香港に行く前夜も泊まったローヤルパ

ークホテル羽田にチェックインしたのは840分だった。1週間前予約しようとしたら、残っている

部屋は高い部屋ばかり。前泊するのに3万数千円ってムチャ腹が立つ。けど仕方ない。行ってみれば

たいしたこと無いツインだった。前回デミグラスソースが旨かった「ティルウィンド」で夜遅い夕食。

お得感があってAコースを選んだまでは良かったが、料理の選択を間違えた。国産牛ロースのボイル

じゃなくてハンバーグにすれば良かった。昼間のPFC注射のため今夜は酒と風呂は禁止だよ。無酒日

              ____________

 

2月 3日(金)晴れ

第1食 ローヤルパークホテル羽田「ティルウィンド」朝食ヴュッフェ2500

 

  

 

第2食 タイ航空 羽田=バンコクビジネスクラス機内食(タイ食)

 

  

 和食、洋食、タイ食の中からのチョイス

 

6時起床。エラク使いづらいバスルームでエラク苦労して使ったら朝から疲れたよ。納豆カレーの朝

食を摂ってから「朝ドラ」を観る。よし、出発だ。某旅行会社カウンターには822分到着。これ

だから便利だよね、ホテルは(高いけど)。この旅行会社のツァーに参加するのは今回が初めて。添乗

員はイエス・キリストのお母さんと同じ名前だ。いいなぁ、素敵な名前で。銀座事務所のKさんも挨

拶に来ていた。これまでは車椅子使用者はプライオリティ入口から入ることが出来たのだが、今は利

用航空会社のプライオリティカード保持者で無いと入れてくれない。120日の香港出発時もダメだ

った。今回タイ航空に乗るには、同じスターアライアンスのANAのダイヤモンド会員でもダメでタ

イ航空のプライオリティカードで無ければならないのだそうだ。東京オリンピックのために空港内を

整備始めていて、その一環というけど不便だよ、まったく。タイ航空に乗るのは随分久しぶりだ。ビ

ジネス席は1階と2階にあるが車椅子使用者は1階席がマスト(らしい)。機内食はタイ食を食べた。

第3食 タイ航空 バンコク=チェンマイビジネスクラス機内食(軽食)

 

  

 タイ航空バンコク=チェンマイビジネスクラス席  ちょっとつまんだだけの軽食        甘い飲み物

 

第4食 タイ・チェンマイ シャングリ・ラホテルチェンマイ 客室にて おにぎり、ウィスキー

 

チェンマイのシャングリ・ラホテルロビー         エレベータホールから近い401号室

 

久々のタイ航空ビジネス席の乗り心地が良いとは言えなかった。最前部にあるファーストクラスも

浮島のような座席であまり魅力的で無いなぁ。なんて利用もしないで言うのはイカンね。フライト

時間約7時間、時差2時間。午後3時バンコクの空港に到着し、午後520分発のチェンマイ行き

に乗り継ぐ。バンコクの気温は30度を超えているようだが、空港内は寒い位だ。チェンマイ到着

して大型バスで宿泊ホテルへ。ロビーで明日の予定の説明があった。「明日はチェンマイ花祭り見学

をしますが、座って見ることが出来る指定席というようなものはありません。なるべく早く行って

良い場所を確保して・・暑いですけどね・・その後市内のお寺を3つ見学し・・・7時半出発して

午後4時半にはホテルに帰る予定で・・」。部屋周りに来られたМ添乗員に「私は明日欠席します」。

              ____________

 

2月 4日(土)タイ・チェンマイは晴れ  1THB(タイバーツ)=約3,5円

朝 チェンマイ シャングリ・ラホテルチェンマイ 朝食ヴュッフェ

 

      中国系ホテルの朝食で嬉しいのは麺屋台があること

 一日フリーだからゆっくり朝ご飯

2頭の象が出迎えるシャングリ・ラホテルチェンマイの外観       象の向こうに亡きラーマ9世の遺影

             広いホテルの中庭で「ひとりチェンマイ花祭り」の撮影をしていた

 

 チェンマイ シャングリ・ラホテルチェンマイ「中国厨房」天然茸のスープ130THB、櫻花

炒飯(シーフードと日本海老のチャーハン)140THB、プーアール茶120THB @459THB

 

  

                   

皆さんは7時半観光出発だから2日目に関わらず早起きしておられるだろう。私?ほら、いきなり

観光パスしたから、とっくに目醒めてはいたけど7時にゆっくり起きた。ゆっくりシャワーを浴び

てゆっくり朝食。パスするって素晴らしい!(バーカ!何しにタイまで来たのよ!)。このホテルの

中庭はかなり広い。庭園に花が咲き、大きな屋外プール、その奥にはスパもある。日陰を選んで散

歩し花の写真を撮影しながら「ひとりチェンマイ花祭り」を楽しむ。プールで泳ぐという手もある

が疲れるようなことは止めよう。午後1時ランチはホテル1階にある中国料理レストランに行こう。

「予約していないの?」なんて言われる程、店内は大賑わい。そうか、今日は土曜日だった。茸の

スープとシーフードと日本の海老が入ったチャーハンを注文。海老がぷりっぷりでエラク旨かった。

夜 チェンマイ「オールドチェンマイカルチャーセンター」4人で)スープ、豚カレー、トマトカ

レー、鶏唐揚げ、カボチャ、茹でキャベツ、キャベツ炒め、甘い揚げビーフン、豚皮唐揚げ、ご

飯、餅米、芋フライ、フルーツ、甘いお煎餅、ビール・白ワイン・赤ワインで計590THB

 

カントークとは絵の中のテーブルのこと     チェンマイ郊外は傘の産地        アルコールは高い店!

カントークに並べられた料理はお替り自由  チェンマイはキャベツの産地とか      餅米にカレーをかけて

 ラオスでもこんな器に餅米が入っていた            料理が少なくなると追加が来る

   次から次へとタイ各地の民族舞踊が披露される  客は食後に寛いで舞踊を見学

       中には少数民族の踊りも披露される。売り上げは少数民族への支援にも使われる由。

 

皆さん、かなりお疲れで帰って来られた。かんかん照りの下での花祭り見学はタイヘンだもの。す

みません、さぼって。夕食はバスで郊外の「オールドチェンマイカルチャーセンター」へ。昔から

伝わる伝統舞踊を見ながら、昔ながらの料理を食べるという趣向だ。多くは床の上に作られた4

用の席でカントークという高脚の小テーブルに並べられたたくさんの小鉢料理を食べる。T中夫妻

は奥様が車椅子だし、私も床の上には座れないのでテーブルと椅子の席。キャベツ料理とか豚皮の

揚げたものとか素朴な料理が多い。食べるとすぐ補充される。私はカレーばかり食べていた。広場

中央に設けられた舞台では、いろんな地方の民族舞踊が披露された。中には少数民族の舞踊もね。

 

        希望者は途中下車してナイトマーケットへ。バッタモン天国だったそうだ

              ____________

 

2月 5日(日)タイ・チェンマイもスコータイも晴れ

朝 チェンマイ シャングリ・ラホテルチェンマイ 朝食ヴュッフェ

 

  

  

 チェンマイ郊外標高1080bのステープ山山頂に建つワット・プラ・タート・ドイ・ステープ   ラーマ9世遺影

この寺院は1383年クーナ王によって建立された          新たに即位したラーマ10世

          標高1080bのステープ山山頂の展望台からはチェンマイの市街が一望できる

 

今日も朝7時半という早い時間の出発だ。「北方の薔薇」と呼ばれるチェンマイ郊外の観光してから

330キロメートル南下してスコータイに行くと言うスケジュールなのだ。まぁそうゆうスケジュール

を聞けば「仕方ないわな」ということになるが、連日の早立ちに皆さんは「イメージと違う」って。

そう、このコースのタイトルは「ゆったりタイ周遊」。アハハ、どこがゆったりだ!ってこと。郊外

のステープ山に登るため、小型のバン2台に分乗した。チェンマイのいろは坂を登っていくと標高

1080bまでは残り僅か。そこは斜行エレベーターのようなケーブルカーに乗って行く。山頂には、

1383年クーナ王によって建立されたワット・プラ・タート・ドイ・ステープがある。チェンマイ郊

外で最大の見どころドイ・ステープ寺院である。街のあちこちで昨年秋亡くなったラーマ9世の大

きな遺影が飾られているが、ここも9世と新しき国王ラーマ10世の写真が鎮座されていた。高い

展望台からはチェンマイの市街が一望出来、美しい花が真っ青な空に映えてそれはそれは美しい!

昼 チェンマイ郊外「メレーム・オーキッド・ナーザリー」 ランチヴュッフェ

 

  

        「メレーム・オーキッド・ナーザリー」の見事な蘭と熱帯の蝶々

 

お土産屋に2軒連れられてから「メレーム・オーキッド・ナーザリー」へ。タイの名産は数あれど、

その中には蘭の花がある。ここはその蘭の栽培場兼販売場でもあるのだ。先ずは腹ごしらえ。奥にあ

るレストランはタイ料理のヴュッフェだ。海老の替わりの豚を入れたトムヤム何ちゃらという辛いス

ープや幅広麺焼きそばのパッタイ、チキンカレーなど私の大好物がズラッと並んでいるから嬉しくて

仕方ない。ウッシッシ。お替りして鬼のように食べちゃった。満腹になったので蘭の撮影に入る。感

動する程たくさんの色と柄の蘭があるねぇ。素晴らしい!熱帯の蝶の育成場もあってこちらも楽しむ。

夜 スコータイ・ヘリテージリゾート「ロータスレストラン」セットメニュー(茸サラダ、ベジタブ

ルスープ、ポーク、アイスクリーム、ジャスミン茶)、生ビール(ピッチャー)290THB,白ワ

イン200THB,赤ワイン200THB

 

  

    数時間田んぼと畑の景色が続き     日没と共にようやくヘリテージリゾートに到着

正面エントランスの向こうに大きな噴水が      廊下を飾る蘭の花々           素敵な部屋だけど蚊が・・!

   ヘリテージリゾートの「ロータスレストラン」で夕食。アルコール3点セットは合計690THB!

 

大型バスではあったが、スコータイまでの移動はタイヘンだった。1310分出発して約330`m

ふと気付くと時速40`位のスピードで走ったり(ナゼだ!)、2回トイレ休憩したりで、今夜から

連泊するスコータイのヘリテージリゾートに到着したのは午後6時半。日没と共に約5時間半の移

動が終わった。シャワーのみのホテルと聞いていたから簡素な場所と思っていたら洒落たリゾート

ホテルだったので女性陣、あら、素敵じゃないよ!」。しかし客室に行ってみると、蚊が数匹ブーン

と飛んでいた。暑い地方に来る時必須の金鳥蚊取り線香持って来るのを忘れてしまったよ。食事時

間に蚊退治をお願いした。夕食はホテルレストランで。今回の参加者はご夫婦5組と一人参加私の

11人。それに添乗員Мさん。鹿児島、横浜2組、千葉、埼玉在住の方々で東京は私一人であった。

            _____________

【今週の振り返り】

先週はピロリ菌退治のため、1週間禁酒した。会食や一緒ご飯でお店に行くと、どうしても飲みた

くなるから夕食もすべて家食とした。信じて貰えないかもしれないが、昔現役で働いていた頃の数

年は「無酒日40%」という生活をしていた。週末土日と平日1日飲まなければ「無酒日40%」

となる。それ以外の日はグデングデンになるまで飲んで酔っ払っていたが(苦笑)。体力も記憶も

未だ今よりずーっとあった若い頃節制していた私なのに、仕事を卒業し、年を取って行くに従って

酒量が増えてしまった。3年前だったか無酒日は年に2,3日ほどしか無かった。「酒を抜いた」理

由は「歯を抜いた」からという笑い話のようなホントウの話で。ポリポリである。だから、先週の

1週間禁酒」は私にとって画期的なことであった。

 

酒を再開してあちこちで酒席を囲んだ。話題は「ピロリ菌」の話になることが多かった。一昨年は

春帯状疱疹になって初めてそんな病気があるということにはじめて気づいたように、検診で「いる

よ」と医者に言われるまでピロリ菌なんて全くのノーマークだった。だから「私も」「僕も」「あた

いも」「おいらも」とアチコチからピロリ体験を聞いて、たまげてしまった。3分の1に減らしたが

酒を毎日飲んでも退治出来たという「本当かい」という声もあれば、ちゃんと酒抜いたのに検査で

「未だいますね。もう一度やりましょう」と言われた人がいたり。話を聞いた体験者の成績は、成

功と失敗が半々くらいで、ゼッタイ成功を願う身には複雑な結果であった。

 

昨年9月末に再生医療の一つである天然関節治療を受けた。自らの脂肪から抽出したSCAFFを注入

することにより、痛んだ膝の軟骨を保護し、軟骨の修復を促すという先進治療である。組織の修復

作用に魅力を感じて受けることにした。ムチャ痛い手術であった。まぁ、すぐ治るわけではなく、

根気の良い膝運動や膝を支える筋肉の強化に励まねばならない。しかし、だ。毎朝毎晩ストレッチ

運動も欠かさないで努力しているのに、そしてもう4ヶ月半も経過したのに膝の痛みは相変わらず。

今週追加でPFC治療を受けることにした。SCAFF天然関節治療は自らの脂肪から抽出したが、PFC

治療は自らの血液から血小板を抽出したものを使用する。活性型PRP由来成長因子ってヤツが傷の

修復や細胞分裂を活発にして痛みを軽減してくれることを願っているのよ。「PRP」って「PPAP」に

似ているね。似てません!それはともかく、膝の痛みと早くサヨナラしたいぞ!

 

タイに来ている。初めてこの国を訪れたのはたぶん約40年前だったように思う。南国とは思えない

シンガポールの清潔さを味わった後のタイは人が温かくて何かと猥雑なところがとても気に入った。

タイカレーの旨さにココロ奪われ、トムヤムクンの辛さに痺れ、生まれて初めてのパクチーがどの

料理にも乗っていていることにゲンナリした。このパクチーしばらくは「イヤだ、イヤだ」と手間

ヒマかけてすべて取り除いていたが、いつの間にか大好きになっていた。パクチー=シャンツァイ

=香菜=コリアンダーの虜になってしまったのである。四谷三丁目に引っ越した頃近所に「メーヤ

ウ村」というタイ料理レストランがあり、平打ち麺焼きそばのようなパッシーユー(パッタイ)が

大好物であった。ビルの建て替えに伴い、その「メーヤウ村」は閉店してしまったことが残念でな

らない。その後タイはどこかの国に行く時、訪れる国となった。空港内のホテル6時間滞在なんて

こともあれば、バンコクのホテルに1泊、あるいは夕食を食べるために豪華なレストランに行った

りしたこともあった。しかし、バンコクとアユタヤしか知らない。今回は北部のチェンマイと古都

スコータイに行くので参加した。それに久々にタイ料理をたっぷり食べたくてね。それでは来週の

パクパク日記もお楽しみに〜!

 

              辛いものはニェが手だニャ

 

          バックナンバーのトップへ    夢子倶楽部のトップに戻る

  未だ 月 4 を読んでいない方はクリックしてね