パクパク日記8年11月5週

            月曜日博多で「あらしのよるに」を観る。今週も紅葉狩り客迎える

 

      「あらしのよるに」 京都「木山」鰻玉〆丼

 

11月 26日(月)京都は晴れ 博多は曇り

朝 家食 いろいろ野菜と卵スープ、塩麹チキン、サラダ、茹で卵、ブランパン、飲むヨーグルト

 

  

 

昼 京都駅「原了郭」カレーうどん(スパイシー)972円、アイスコーヒー324

 

   かなりスパイシー!

 

先々週の日曜日、あれは18日だったな、広島と岡山の旅行の帰りに京都の家に着いてから京都暮

らしも今日で9日目になった。次の紅葉観光のお客は金曜日だから暫くフリー(って何だ?)。ほ

ならちょっこし博多まで遠征して来よか〜。リュック背負って京都駅、先ずは「原了郭」でカレー

うどんで腹ごしらえ。薄っすら汗をかいた。新幹線で博多に向かう。京都は東京と博多の真ん中辺

りかと思っていたが、東京=京都より京都=博多の運賃の方が高い。ってことは京都から博多の方

がずっと遠いということだわな。あっ、所要時間を考えれば自明の理やった。やっと博多に着いた。

 

 

夜 博多「馳走なかむら」(2人で)1万5千円コース(ふろ吹き大根、吸い物、お造り:アラ・大

間の鮪・昆布森のウニ、八寸:擬製豆腐・丹波黒豆・枝豆・帆立幽庵焼き・いくら・銀杏・鰆

炙り・栗渋皮揚げ、車海老と干し子・カラスミ、鹿児島和牛と原木椎茸のりんごソース、海老

芋と菊菜・セイコ蟹の炊き合わせ、焼き舞茸とムツの炊き込みご飯、香の物、汁、ラ・フラン

スとおけさ柿・あまおう、芋羊羹と胡桃、抹茶)ビール小、麦焼酎ダブル4杯  

2人で39200

 

  

  

 

いつものホテルオークラ福岡にチェックイン。1001号室はこれで3回目だろうか。今夜は歌舞伎の

夜の部に行くこともなく、S乃ちゃんと食事をするだけだから、ゆったりした気分。博多には仕事

でも何度も来たから、ずい分アチコチのホテルに泊まって来た。日航福岡、ヒルトン福岡シーホー

ク、グランドハイアット、西鉄グランドホテル、ハイエットリージェンシー、ホテルイル・パラッ

ツォ・・しかし、この数年はずっとオークラ福岡だ。目的がほぼ博多座だから、ここが一番便利な

のだ。7時ロビーでS乃ちゃんと待ち合わせ。よぉ!1年半ぶりかしらね。近くだがタクシーで「馳

走なかむら」へ。ミシュラン☆持ちの店で北九州から2年半前に博多に移転したそうだ。個室に案

内され、先ずは乾杯。S乃ちゃんは今朝早く沖縄出張から戻ったばかりとか。前回会ったのは京都

の私の家にオジョーと滞在された時だった。その間に個人的な環境にも変化があった由。ふーん、

そうだったんだぁ。彼女と初めて会ったのは黒川温泉の某旅館の炬燵だったね。17年前のことだよ。

              ______________

 

11月 27日(火)博多は晴れ

朝 ホテルオークラ福岡「カメリア」朝食ヴュッフェ2900

 

  

 

昼 博多座客席にて お弁当

 

  

 

今回の博多はS乃ちゃんと飲むこともあったが、主目的は博多座で公演中の「あらしのよるに」を

観ること。きむらゆういちさんの原作の絵本を歌舞伎化したという珍しい演目で、京都南座での初

演、歌舞伎座での再演を経て、今回博多座公演となった。今日の昼の部が千秋楽なのだが、ずっと

満員御礼の盛況だったらしい。この芝居のファンとして嬉しい。ただ博多座に当てがわれた席がで

すねぇ、凄まじい席で。花道左側(通称ドブ)の一番前の一番左側😢。右を向くと花道で、ちょう

ど七三の位置で役者は全員こちらにお尻を向ける😢ここでもA席1万5千円なわけで😢。狼かぶ

に獅童、山羊のめいに松也、狼ぎろに錦之助、狼がいに権十郎、狼おばばに萬次郎、山羊みい姫は

米吉、山羊たぶに萬太郎、山羊はくに竹松、山羊おじじに橘田朗。千秋楽とあってか獅童と松也の

最後の場面は、思い入れたーーーっぷりの間が長く、終演時間が10分以上伸びた。歌舞伎には珍

しくスタンディングオベーションの幕切れだった。2人とも大熱演だった。次はいつやるんだろう。

夜 家食「田毎」の御旅弁当1650円、小松菜と油揚げの炊いたん、大根と榎茸と豆腐の味噌汁

 

  

   あべ弘士絵「歌舞伎絵本あらしのよるに」より

 

千秋楽大熱演で終演時間が遅れ、帰りの新幹線はやっと間に合った。何だか疲れて車内ではウトウ

トしっぱなし。演じたのは彼らであって、私は観ていただけなのだが。京都駅に着いたのは午後6

時半。今夜はお弁当でも買って行って、カンタン夕食にしよう。京都駅の老舗弁当売り場を覗く。

幸か不幸か「辻留」や「和久傳」などのお高いお弁当は売り切れ(ホッ)、お手頃価格の「田毎」の

御旅弁当が残っていた。ご飯の量が少なく結構気に入っているお弁当。これに「八百一本館」でち

ょぃと買い物してと。なかなかの夕食。今月7回目の無酒日「マツコの知らない世界」は面白いな。

              ______________

 

11月 28日(水)晴れのち曇りのち雨

朝 家食 豚肉のつくね、小松菜と油揚げの炊いたん、大根と榎茸と豆腐の味噌雑炊、飲むヨーグ

ルト

 

  

 

昼 家食 糖質0麺のじゃこ天卵うどん、りんご

 

   すっかり家食好きに!

 

当然のことだが、東京と京都ではテレビで放映している番組が違う。特に民放はかなりちゃう。東

京にいれば、朝フジテレビを観ることなど殆ど無いのだが、京都では系列の関西テレビの「よーい!

どん」を観ることが多い。観るっていうか、パソコンの横にあるテレビを聞いているって感じかな。

「となりの人間国宝さん」のリポーターがフィギャアスケートの織田信成君だったらしっかり観る。彼は楽

しいキャラクターだ。今朝番組のゲストは歌舞伎の片岡千之助君だった。仁左衛門のお孫さん。12

月南座公演のアピールのようだ。子供の頃から注目を浴びていたが、その彼も18歳の大学生にな

ったのね。父親孝太郎にも祖父仁左衛門にも似ているような。将来の仁左衛門なのかな、千之助君!  

夜 京都・先斗町「酒処てら山」間人(たいざ)こっぺ蟹、ポテトサラダ、きずし、菜の花からし

和え、がんす、太刀魚炭火焼き、ウニほうれん、キュウリと日野菜のぬか漬け、酒処カレーラ

イス(小)、(オミヤ:和牛炭焼サンドイッチ)、白ワイン、麦焼酎ダブルロック3杯 

@1万3千円

 

  

 えぇっ!今月末でここ閉店して移転?

 

夜は先斗町の「酒処てら山」。京都で予約が取れないことでも有名な「食堂おがわ」で修業された寺

山さんが奥さんと始められたお店だ。ここ暫くその奥さんの姿が見えなかったが、今日久々に。小

さな厨房で4人も入っているから狭そうだが、料理もお酒もすぐ出て来るのがいいね。もうこんな

時期なのにおでん鍋やらないの?えぇ、まぁちょっと・・ってモゴモゴ返事。ご主人が「がんすあ

りますよ」とメニューに無い広島名物を勧めてくれる。私が彼の故郷の郷土料理を気に入っている

のを知っているのだ。ウニほうれんもカレーも美味しい。次回の予約をして帰ろうと思ったら、ご

夫婦が私のところに来てこんなことを小声で言う。「この店年末で閉めるんですわ」。何で!!実は

移転することに・・・なぁんだ、良かった。別の場所で1月末頃開店ね。じゃ連絡待ってまーす。

               ________________

11月 29日(木)京都は晴れ        女優赤木春恵さん死去(享年94歳)

朝 家食「酒処てら山」の和牛炭焼サンドイッチ、プチトマト、飲むヨーグルト

 

  

  

   パンはこれだけ残した         岩合さんの注意を引いた子豚君に嫉妬してチョッカイ出す子猫ちゃん。可愛いね

 

昼 京都・東洞院通六角上ル「三条尾張屋」他人蕎麦900円+海老天200

午後のお茶 八百一本館「ザ・ブレッド」コーヒー250

 

  

 

今夜と明日の買い物がてら「三条尾張屋」に行くと、真ん前の八百一本館前に大きなクリスマスツ

リーが設置されるところだった。スーパーでもクリスマスツリーなんだね。今日の尾張屋さん、鶏

肉売り切れとか。じゃ他人蕎麦にしようか。親子なら鶏と卵だが、他人は牛肉と卵。それに海老天

をのっけて貰った。店を出る時、八百一が真ん前にあるのだから鶏肉買いに行けばいいのにと思っ

たのだが、お店には決まった仕入れ先があるんだろうね。買い物カートパンパンになるまで食料品

を買い込んで帰宅。午後は、来年1月京都滞在時のお店予約ずっとしていた。どの店に行くか、ど

の順番で行くかを考えながらね。その1軒で「頂いたお電話で申し訳ないのですが、私年内でこち

らを卒業して1月から新しい店を任されて・・」。そうか、京都の店もいろいろ変わっていくなぁ。

夜 家食 トロ鰯と完熟トマトの激辛夢子カレー(納豆、茹で卵)、らっきょ、紅生姜、大根の柚

子和え、大根とエノキ茸と豆腐の味噌汁

 

  

 

今年の夏A先生夫妻が京都の家に留守番に来てくれた時、トロ鰯と完熟トマトの激辛夢子カレー

をどっさり作って冷凍して行ってくれた。レトルトカレー200gは量的にチト物足りなくね、と

いう私のツブヤキに応えてくれたのか、密封容器にはドッサリ夢子カレーが!嬉しいねぇ、凄い

ねぇ、でも1度では食べ過ぎだから明日朝と2回に分けようか。と言っていたのに、結局全部ご

飯にかけてしまいましぁ。もう犯罪的な大喰いでーす!無酒日8日目、これで今月も目標達成!

               _________________

11月 30日(金)京都は曇りのち晴れ

朝 家食 大根の柚子和え、大根とエノキ茸と豆腐の味噌雑炊、りんご、飲むヨーグルト

 

  

 

昼 家食「ザブレッド」クロックムッシュー、トマトとブロッコリー、野菜と生姜スープ、りんご

 

  

 

朝から働いた。家中の掃除、洗濯してから朝食。働き者の主婦なら毎日やっていることだ?う〜む、

そうかもしれないけど、私働き者でも無いし、専業主婦1日もやったことないしぃ。午前10時寝

室のエアコンの調子がまたまた悪く、修理の方々3名が来宅。エアコンというよりリモコン操作が

出来ないのだよ。「ほら、動かないでしょ?」とリモコン押してみたら、動いた!焦った!「この

10日以上ずっと動かなかったんですよぉ!」3名は疑惑の表情・・。でも修理の人がエアコン止

めようとしたがリモコン動かない。ヤッター!(ってわけでもないけど)「ほらね」。結局は前回工

事の時、差し込みが中途半端だったために接触が悪かったらしい。直った。良かった。クロックム

ッシューを温めてカンタンランチ。午後はクッキングだ。大きなクルゼ鍋にいっぱいのポトフがこ

とこと煮える音を聞きながら、コーヒー飲んで台所の椅子に座って過ごすなんて良いじゃないか。

そのうち眠くなって来ちゃったよ。疲れも出てね。その後は予約作業の続き。正月ホテルの延泊、

1月自宅工事中の都内ホテル3泊、早くも来年5月の旅のホテル確保などなど。料理と予約の午後。

夜 京都・堺町通竹屋町通下ル「木山」(2人で)お任せ(清水の白湯、間人(たいざ)のこっぺ蟹

と飯蒸し、「天縁」(福岡)、7種きのこ出汁の卵豆腐と昆布森のウニ、車海老・小蕪・壬生菜の

おろしりんごがけ、津居山の蟹鱧真薯と木耳のお椀、ヤイトカツオと伊勢湾の石鯛のお造り、京

都牛の鍬焼きと海老芋唐揚げ、クエと黒大根・銀杏の天ぷら、自家製カラスミと椎茸・ほうれん

草の胡麻和え、明石煮穴子・辛味大根・秋摘み海苔と牛蒡、鱈白子揚げ・丸大根・蓮根・簪人参

海老出汁白味噌炊き、食事(4種の中から2種チョイス、3つ目おまけ):鰻乗せ玉〆丼、真珠貝

と蓮根のかき揚げ茶漬け、トロロ海苔丼、ラ・フランス絞りジュース、焼き栗とお薄)、小ビール、

麦焼酎「久保」ダブルロック4杯  2人で6万3500

 

 

夕方大S子さんがやって来た。はい、お仕事お疲れ様でしたぁ。落ち着いたら夕食出かけましょう。

昨年S子さんが行きそびれた「木山」を予約している。6時に行ったら一番だった!一番右側のカ

ウンター席に座る。前回木山さんが自らやっておられた鰹節のパフォ―マンスはベテランらしいお

弟子さん。これ何度で見て楽しく飲んで美味しい。こんな鰹節を贅沢に使った出汁だもの美味しい

に決まっている。間人(たいざ)のこっぺ蟹と飯蒸しから始まったコースだが、7種きのこ出汁の

卵豆腐と昆布森のウニで大S子さんは目を潤ませる程旨いと唸っている。こちらのお料理は、軽く

始めて徐々に盛り上げメインで最高潮に・・といったコースではない。どれも淡々とさりげなく、

しかしどれもムチャ美味しい料理が登場して来るのだよ。どれも美味しい!!!最後の食事は4種。

悩む。「先日全種を2周された方がいらっしゃいました」の言葉に勇気づけられるも、私は中サイ

ズを2種、大S子さんは小サイズをやっぱり4種注文!先ずは一つ目の鰻乗せ玉〆丼。何と旨いん

だ!中にして良かった。真珠貝と蓮根のかき揚げ茶漬けも旨い。ここでS子さん3種目のトロロ海

苔丼を盛り付けていた女性スタッフが「ちょっとだけどうですか?」「あ、はい。頂きます💦」ム

チャ濃い〜トロロが香ばしい海苔と相俟って何とも美味。4種目は鰹節+ジャコ+全卵丼だったが

私は食べませんで。この後、ラ・フランス絞りジュース、焼き栗とお薄と続いて2万円のコース終

了。あ〜木山は喰いしん房、呑ん兵のまさにパラダイスだ。木山さんここオーベルジュにしません?

               _________________

12月 1日(土)京都は晴れ

朝 家食 サラダ、トマト、「ケーニッヒ」のハム、たっぷり野菜のポトフ、茹で卵、チーズ、ブラ

ンパン、飲むヨーグルト

 

  

 

昼 京都・三条通東洞院東入ル「カマル」コンビネーションカレー(野菜カレー×キーマチキンカ

レー)ライスSサイズ800円、コールスローサラダ250

 

  

  

 

大S子さんは紅葉見物に。私は超久々のカレー専門店「カマル」。カレー好きが集まっているな。

昼カレーは基本の4種+ホワイトカレーの計5種。ご飯の量が150gSSからS、SМ、М、МL、

400gと6種類もあり、カレーをよそうお皿も5種あった。私は200gのSサイズで辛くない野菜

カレーとキーマチキンカレーのコンビネーションカレーを注文。以前は激辛のビーフも食べていた

けど、もう激辛はなぁ、カラダ的にキツおます。食後は近くのドラッグストアでいろいろ買い物。

午後のお茶 京都・八百一本館「ザ・ブレッド」コーヒー250

夜 京都・御池通西ノ宮職司「リストランテ野呂」(2人で)お通し:人参マリネ300円、海老と

完熟アボガドのタルタル1890円、バゲット、小肌のシェリーヴィネガーマリネ1210円、ヤ

イトカツオのたたき赤玉葱とマスタード1890円、天然カンパチの一夜干しレアカツレツ1800

円、香住の蟹クリームコロッケ@900円×2、自家製ロースハムと初冬のフルーツと野菜2190

円、ウニのオムレツ1420円、メンチカツデミグラスソース(120g)3100円、チリメンジャコ

と葉玉葱のパスタ1980円、ポルチーニ茸のリゾット1820円)、生ビール小400円、赤ワイン

(バレバレスコ)9000円、(ボルドー)1万2000円  2人で44910

 

  

 

精力的に歩き回った大S子さんが帰って来た。紅葉求めてずい分アチコチ歩き、その上京都国立近

代美術館で「没後50年藤田嗣治展」まで鑑賞されたとか。昼抜きで😢。じゃお腹ペコペコね、今

夜はイタリアンだよ〜。昨日の夜行った「木山」の木山さんと今夜行く「リストランテ野呂」の野

呂さんは親しい間柄とか。メニューを見ながら2人であれも食べたい、これも喰いたい。結果、魚

介類もドッサリ、肉系もシッカリというオーダーにして食べまくる。どれも旨いぞ。赤ワインはイ

タリアとフランスの2本。この2人なら軽く空いてしまう。それでも10品食べれば満腹じゃぁ。

挨拶に来られた野呂さんに昨夜木山に行った話をすると「開店の時手伝に来てくれたんですよ!!」

               __________________

12月 2日(日)京都は晴れ

朝 家食 サラダ、トマト、「ケーニッヒ」のハム、たっぷり野菜のポトフ、茹で卵、チーズ、ブラ

ンパン、飲むヨーグルト

 

  

 

昼 家食 完熟トマトとトロ鰯の激辛夢子カレー、納豆、茹で卵、野菜と生姜スープ、苺と富有柿

 

 

大S子さんはよく食べる。よく飲む。よく動く。よく働く。今日の夜東京に帰るので、朝から洗濯、

掃除、それに特別にお願いした窓拭き掃除までしっかり働いてくれた。特に窓拭きは椅子に乗って

窓によじ登りベランダに降りての大活躍。私など窓を飛び越えるなんて危険なワザはムリだから大

感謝である。ありがとねー!じゃぁ、お昼にしましょうか。A先生とマキコが作り置きしてくれた

完熟トマトとトロ鰯の激辛夢子カレーを食べようという計画。レトルト化する際、R子と大S子さ

んはA先生宅で幾つものサンプルを試食してくれたのだそうだ。でも私の古希祝いプレゼントだっ

たため貰った完成カレーは1袋だけ。それじゃあたくさん食べて下さいましな。美味しいでしょ?

夜 京都・蛸薬師通烏丸東入ル「コムゴン」(2人で)チャーゾー(揚げ春巻)、バインクン(甘辛

挽肉と米の蒸し春巻)、蓮の茎と海老・豚肉シャキシャキサラダ 海老せんべいと共に860円、

南部ホーチミン名物スープカインチェア900円、烏賊と淡路島玉葱のネギ生姜蒸し780円、バ

インセオ野菜と共に1250円)、生ビール、赤ワインカラフェ1250円 2人で7862

 

 

午後、大S子さんはお土産調達を兼ねて近所の錦市場や八百一本館へ。いつも八百一本館で売って

いるキムチが大家のお土産になるから面白い。「だって美味しいんですよぉ」。彼女は力持ちだから、

洋服や冷蔵パンなどもたくさん持って行って貰う。断捨離以来、洋服を誰かにあげたり捨てたりす

ればまた買えるので嬉しい。アッ、あれは東京の話だった。新幹線に乗る時間も考えて夕食を摂る

ベトナム料理「コムゴン」は午後6時に予約している。ベトナム料理はよくわからないという大S

子さんに代わって注文は私が勝手に。ほぼ美味しい料理だったのだが、最後の最後に運ばれて来た

バインセオと野菜が巨大で2人で目を丸くする。ベトナムでも日本でも何度も食べたことがあるが、

こんなデカいバインセオ初めてだ。お陰でこれで満腹になってしまい、ブンボーフエを食べる余裕

が無くなった。隣席の男女は出会いサイトっぽい二人で今日が初対面。聞いていられないキモイ男。

               ___________________

【今週の振り返り】

5年前2013年の1217日、歌舞伎座「仮名手本忠臣蔵」で中村獅童の斧定九郎と小林平八郎を

観たのだが、その日の朝お母様(小川陽子さん)の急死を知ってからの舞台だったと後に聞いた。

初舞台を踏んでも、父親が歌舞伎役者をとうの昔に辞めてしまっていたこともあり、獅童の歌舞

伎役者人生は棘の道だった。母と息子が二人三脚で必死で歩んで来たのだから、獅童の胸は張り

裂けそうだったに違いないし、芝居どころの心境では無かったと思うのだが、彼はしっかり演じ

た。そんな事情を知らぬまま、その演技を私は最前列でジッと観ていたのだ。役者って凄いよ。

3日後の20日に営まれたご葬儀で、喪主の獅童は「中村獅童はおふくろがつくった、小川陽子が

つくった最高傑作だったと言われるような役者になれるよう頑張ります」と号泣しながら挨拶し

たそうだ。泣けるね。

 

そしてその3年後の20161217日、ご母堂の祥月命日に私は歌舞伎座で中村獅童の「あらし

のよるに」の舞台を観た。2015年に京都の南座で歌舞伎化された「あらしのよるに」が初演さた

時も気にはしていたのだが、観ずじまい。歌舞伎座最前列の通路側角席で観た舞台は素晴らしい

ものだった。狼達が舞台から飛び降りて走り回る振動をヒヤヒヤしながら身をもって感じ、巨大

扇風機から吹きだされる嵐の激しく冷たい風を全身に浴び、義太夫連中まで「🎶 ともだちなの

に 美味しそう🎵 🎶 ともだちなのに 美味しそう🎵・・・ 」と大熱演で延々唸っていたら

獅童のガブに叱られてシュンとする姿に笑い転げ、狼ガブと山羊のメイの友情に胸を熱くして。

舞台を観終って、この芝居再演されたら絶対観るもんね!と強く願った。そして、今月の博多座

公演になったのだ。

 

新潟の山間の小さな町に父が勤務する会社の工場があり、私はそこの社宅で生まれて小学校一年

の冬まで育った。娯楽など何も無いから会社では大人用にダンスホールや映画館を作っていた。

3日に一度新しい映画がかかり、ほぼ無料だったから幼い頃はよく映画を観た。洋画を観て良い

なぁと思ったのはゲーリー・クーパーであり、邦画では市川歌右衛門(北大路欣也の父親)と中

村錦之助だった。ことに「笛吹童子」の菊丸役で初主演となった中村錦之助は、萩丸役の東千代

之助と共に大人気となり、以後スター街道まっしぐら。「なかむらきんちゃん」は全国の子供の

憧れの的だった。後に萬屋錦之助と改名したが、中村錦之助は歌舞伎界の人だった。父は三代目

中村時臓で伯父には吉右衛門の祖父初代吉右衛門、叔父には勘九郎・七之助の祖父十七代勘三郎

がいる。錦之助は五人兄弟の4番目であり、三兄の初代獅童、弟賀津雄と共に歌舞伎界で主役級

役者を目指すには厳しい環境だった。梨園の大反対にあったが、錦之助は歌舞伎を諦めて映画界

に転身した。その頃三兄の初代獅童は、弟錦之助が歌舞伎の大御所から意地悪されていることに

腹を立て、モノを大御所に向かって投げつけたことから歌舞伎界から去って銀行員になっていた。

弟賀津雄も東映入りすると、銀行員を辞めて東映のプロデューサーになって二人の弟を支えた。

三兄が陽子さんと結婚したのは銀行員時代であり、十年後生まれたのが中村獅童である。獅童は

子供の頃憧れていた「きんちゃん」の甥だったのだ。

 

中村獅童と「あらしのよるに」との付き合いは長く、そして深い。NHK教育の「てれび絵本」で

「あらしのよるに」シリーズ6作が番組化された時、獅童は一人3役を演じて、2005年にはDVD

化もされている。同じ年の暮れには獅童と成宮寛貴が声優の出演で映画化もされた。漫画が原作

ではないアニメ映画では異例の大ヒットし、2007年の日本アカデミー賞で優秀アニメーション

作品賞にも選ばれた。今回の博多座公演は、初日からずっと満席が続いたという。千秋楽の舞台

で終演時間をとうに過ぎてもたっぷりとガブを演じた獅童には全身で喜びを発散していた。亡く

なる前から歌舞伎化を熱望していたというお母様陽子さんもさぞお喜びだろう。次はいつどこで

やるのかな。

 

             オイラ主役で「つきよのよるに」ってどうかニャ

 

          バックナンバーのトップ    夢子倶楽部のトップに戻る

  11 4 を未だご覧になっていない方はクリックね。

 

  年を押し迫っているのに、また出かけます。年内に次週をUPするのは

どうも難しそう。スマン。1ヶ月遅れになってしもた。これが年内最後

のご挨拶になりそうです。今年一年間愛読ありがとうございました。

来年もよろぴくね。